高い授業料を払っても、医学部に行きたいなら予備校に通う意味はある

受験は団体戦、という言葉はどうしても正しい

チューターというスタッフが担任のように専属で面倒を見てくれることもあり、長丁場の受験戦争に置いて折れずに挑み続ける原動力になった、という成功体験も卒業生の多くは語ります。
頑張りすぎて夏場に燃え尽きてしまった、逆に力の入れどころが分からず冬場に目標偏差値に届かなかった、などといったペース配分に関するミスも経験をもとにカバーしてくれる可能性があり、メンタルの面でも多大な見方を獲得することになるのです。
予備校に通うのは何も浪人生だけではありません。
高校生もハイレベルなクラスに在籍して授業を受けている場合があり、彼らも浪人生同様にたくさんの情報を得ながら受験へと突き進むライバルです。
逆に、もし独力でやったと仮定して最後に一歩及ばず情報などのアドバンテージの差で負けるのだとすれば彼ら全てに敗北する可能性があります。
相対的にディスアドバンテージを背負わないために、高いのだとしても授業料を払って受験に挑むのです。
受験は団体戦、という言葉はどうしても正しく、同じ目標に向かって頑張るライバルが多い環境では自ずと焦りから勉強量は増加しますし、たくさんの心強い味方を得ることは試験の点数に反映されることでしょう。
受験を頑張りたいあなたが支払う授業料はこれらの環境に出しているお金で、やがて次の春にあなたが笑っている確率を高めるためのお金です。
利用できるのならば全てを利用し、合格へと一目散に突き進むことこそが受験生のあなたに課せられたたった一つのやるべきことなのです。

大手予備校関係者は、東京医大は私大の医学部の中でも比較的人気が高いため合格ラインに1点足りずに不合格となる受験生は100人規模に上るとした上で「まして10%以上も減点されれば相当数の合否の逆転現象が起きていることになる。
著しく公平性に欠けた入試だ」と話す。
https://t.co/zn96wUZX21

— NHK@首都圏 (@nhk_shutoken) 2018年8月2日

医学部に進学したいと考えている学生がたくさんいる | 独力で合格を目指すのは並大抵のことではありません | 受験は団体戦、という言葉はどうしても正しい