高い授業料を払っても、医学部に行きたいなら予備校に通う意味はある

医学部に進学したいと考えている学生がたくさんいる

医学部 予備校 高い医学部予備校を「個別指導」で絞り込んで徹底比較!

何かと受験業界を騒がせている医学部ですが、なぜそれだけ様々な問題に揺れることになるのでしょうか。
それは未だに医師と言えば命を預かる高潔な職業であるというイメージが世間に浸透し、また受験生の中には医師になりたい、医学部に進学したいと考えている学生がたくさんいるからです。
医療、医学にスポットライトが当たるたびに、医師と言う職業に憧れを抱き、命を救う最前線で戦う姿に夢を見る受験生はたくさん現れることでしょうが、まず受験勉強を頑張らなければスタートラインにも立てません。
医学部入試と言えば古くから変わらず依然として難関であり、理系であれば他の学部よりも高い偏差値が要求されます。
近年は人気が倍率に拍車をかけていることもあり、各受験情報サイトが公開しているような合格ラインよりも遥かに高い点数を取らなければ受からない、ということもしばしばです。
センター試験、二次試験ともに高得点を獲得するためには余程要領のいい勉強をするか、余程地頭がいいかというどちらかでなくては現役合格は難しく、上手くいかず夢を諦められないなら医学部では珍しくはないものの浪人、という選択肢を選ばざるを得ない場合も多いのです。
医学部受験はある意味特殊であり、大学によりますが医学的な分野の英語や細胞などでも実証されている化学や物理の法則など入試問題の着眼点そのものが医学に寄っています。
つまり、こういう入試傾向を持っている大学に挑もうとする場合は滑り止めの一般学部受験との両立が難しく、全力を注いで医師になりたい、という努力を重ねるほどに潰しは利かなくなってしまいます。
ですので、少ないチャンスをしっかり合格、という結果に結びつけるため予備校に通うことも視野に入ってくるでしょう。

医学部に進学したいと考えている学生がたくさんいる | 独力で合格を目指すのは並大抵のことではありません | 受験は団体戦、という言葉はどうしても正しい